日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

悪天候には負けないぞ!登山で雪が降ったときのための靴の選び方

山を登る時の為にある登山靴ですが、もし雪が降った時は?
山の天候は途中は晴れでも急に崩れることもありますよね。
寒い地域では、街では雪が降らなくても、山の冷えた環境では雪が降ることも珍しくありません。
今回は、雪が降ったときに良い靴の選び方を書いていきます。
雪専用の登山靴じゃなくても登山を楽しむことが出来るので、靴選びの参考になればと思います。

登山中に寒くない事

夏の登山時には気にならないことですが、雪が降るわけですので気温は相当低くなっていますね。
なのでまず気をつけることは「足元が寒くない事」これが大前提です。
ちょっとした雪なら寒くない靴であれば大丈夫でしょう。

積もるほどの雪は?

積もるほどの雪になると防水性なども考慮しないといけません。
プラスチック製の登山靴が主流になっていますが、雪が降る可能性がある時は、革製のハイカットタイプがいいでしょう。
革製でも雪で中に水分が染みてくる事がないような靴が理想です。

雪道でも歩きやすいような靴を選ぶこと

雪の時の登山で起こることは「寒い」「滑る」の2つです。
どちらも歩きたくない環境ですよね。
そこで疲れが来るとなおさら。
履いた時にすこしゆとりがある靴を選ぶようにしてください。
長時間歩く事になりますので、足首が絞められる感覚や、登山用のソックスを履いた時につま先がジャストになるよりも少しゆとりがあるものを。
さらに、軽量の登山靴であればなお良いでしょう

まとめ

スノートレッキングブーツを選ぶのが一番無難の選択になりますが、スノートレッキングブーツを選ぶときの注意点をまとめました。
メーカーによって違いは当然あるので、履いてみた時の参考にしてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます