日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バテない体づくりも登山のうち。山登りの前の練習方法

普段、あまり運動をしていない方や、日常歩く時間が短い人が登山をすると息切れだけじゃなく、足の筋肉が痛くなったり、膝が痛み出したり、こむら返りなどになる人がほとんどです。
そして、登山はしているけど、自分のレベル以上の山を登る時も当然のように体がついていかなくなります。
まずはバテない体づくりをするために、山登り前に練習をしておきましょう。
特別にスポーツジムに通う必要もないので、一日の空き時間で体づくりが出来ますよ。

まずはウォーキングから

ジョギングよりも気軽に每日出来るのがウォーキングですね。
山登りは長時間歩くので、基礎的な部分を鍛えるのに最適。
最初は長時間のウォーキングも厳しいかもしれませんが、慣れてきたら登山を想定した時間に近づけていけば更にいいでしょう。
歩きながら平坦な道を歩くのではなく、坂道や階段を歩くのも効果的。

ジョギング

ウォーキングとは違う心肺機能を強く鍛えることが出来ます。
早いペースで行うのではなく、小走り感覚で長い距離と長い時間を使うのがコツです。
ウォーキングと同じで、平坦な道だけはなく、階段や段差、傾斜などを走るのも忘れずに。

慣れてきたら山を登りましょう

ここでいう山とは、本格的な登山ではなくあくまでも遠足などに使われるゆるい山のこと。
実際に山はきれいに整備されたコンクリートではありませんし、傾斜もあり体重の負荷がかかります。
砂利道や、整備されていない道を歩く、山のリアルな傾斜を歩くだけでも、バテない体作りに有効です。

まとめ

本格的な山登り前に、バテない体を鍛えておく練習方法でした。
まずは長時間歩く体力をつけることですね。
最低でも歩く時間は1時間以上を目安にウォーキングに取り入れましょう。
それだけでもいきなり登山するのとは全然違うはずですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます