日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

手軽な旅が好きなあなたに~キャンプに持っていく最低限の用具リスト~

自然に囲まれて手軽で自由なキャンプをしたいとき、そんなときでも最低限持って行ったほうが良いもの、と言うのがあります。

寝る環境

・寝るためのものといったら、まず第一にテントです。軽量でコンパクトにパックできるテントが市販されていますから、予定する人数にあったサイズを選びましょう。その際、キャンプ設営に必要なペグとハンマーとロ-プを忘れてはいけません。ペグはかさばらないものですから、設営地の土質に合わせてつかえるように金属製の細いものと太いもの、または幅広のものなどの種類を揃えてパックしておくと便利です。
・丈夫なビニールシートを2枚用意して、1枚はテントの下に、残りはテントの上にかけると雨天の場合でも安心です。
・寝袋は必需品です。携帯用ランプ、火点けようのマッチ、予備の乾電池も必要です。

衣類

・最低限の着替えのほかに、思いの外夜は冷え込みますから厚手のスポーツジャケットなどがあると、虫刺されの予防にもなって便利です。
・帽子と十分な靴下も用意します。

食事に関するもの

・携帯用ガスボンベと携帯用コンロ、それにキャンプ用にコンパクトに重ねてまとめられる鍋、フライパン、湯沸し、皿、コップ、などのセットがあると、食材さえあれば大抵の必要は満たせます。

キャンプに持っていく最低限の用具リスト、まとめ

手軽に出かけたい旅であっても、キャンプの場合は設営地の状況によって持ち物を考えなくてはいけません。馴染みの無い土地であるなら、事前に天候とか環境の傾向を良く調べてみた方が無難です。その結果で、最低限の持ち物の再チェックが必要です。少なくとも、虫さされを含めた簡単な救急セットは持って行きましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます