日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ダイエットに効果的なランニングの時間と距離

ランニングをダイエット目的で行おうと思う場合、効果的な時間や距離を知りたいと思うことでしょう。ランニングなどの有酸素運動はだいたい20分を越えてから脂肪の燃焼が始まるとも言いますし、実際はどれくらいを目安にすると良いのでしょうか。

体重×距離=消費カロリー

ランニングにおけるカロリーの消費量を求めるものといえば、「体重×距離=」で求める式が簡単です。この計算式を見るならば、走った距離が長ければ長いほど消費カロリーも多くなっていくのことが分かるでしょう。ですがいきなり長い距離を走るのは難しいものになりますし、ダイエットが目的であるならば「距離ではなく走る時間を延ばすこと」を意識するようにしてみましょう。前途した脂肪燃料が始まる時間を越えて、さらにどれだけ長く走り続けられるかが重要になってきます。初心者ならば30分くらいから始めてみましょう。

朝方に走ろう

ランニングは起床直後の朝食前に走ることをおすすめします。運動時のエネルギーは糖が最初に使われるのですが、起きたばかりの空腹時は血糖値が低いため、脂肪をエネルギー源として使うまでの時間が早くなります。ダイエット目的には脂肪燃焼までの時間が早いこの時間帯が効果的と言えるでしょう。

まとめ

脂肪燃焼効果は距離ではなく時間で比例するものなので、ダイエットには「どれだけ長い時間走れるか」が重要になります。距離はあまり気にすることなく、ゆっくりでも長く走ることを意識しましょう。ダイエットには朝方のスローランニングがおすすめです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます