日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ぶどう狩りに最適な時期とは?<関西編>

大人から子供まで、誰もが自分のペースで楽しめるレジャーのひとつが「ぶどう狩り」ではないでしょうか。
瑞々しくてはち切れそうな、果肉と果汁たっぷりのぶどう。それが鈴なりになっているのを見ると、テンションが上がりますね。

そこで、今回は関西方面で「ぶどう狩り」を検討している方に、種類別に最適な時期をご紹介します。

兵庫(神戸・淡路島)

紫玉(巨峰系、巨峰より小ぶり):8月上旬
キングデラウェア(マスッカット系、デラウェアより一回り大きい):8月中旬
ハニーレッド(蜂蜜に似た甘さの茜色のぶどう)、ピオーネ(黒葡萄、甘みが強い):8月下旬
マスカットベリーA : 8月中旬~9月下旬
巨峰 : 7月上旬~10月中旬

京都・大阪

ヒムロット(鮮やかな緑黄色、皮が薄くそのまま食べられる):7月中旬~8月上旬
バッファロー(別名アーリースチューベン、糖度が高い):8月上旬~8月下旬
キャンベル・アーリー(黒葡萄、糖度15度くらい)、スチューベン(濃い紫色、実が締まっていて糖度が高い)、マスカットベリーA:8月上旬~9月中旬
デラウェア:8月上旬~9月下旬
ロザリオ(鮮やかな緑黄色、糖度が高い)、ピオーネ:8月中旬~10月中旬

奈良・滋賀

デラウェア、マスカットベリーA、ピオーネ:7月下旬~9月上旬
ヒムロット:8月上旬
竜宝(滋賀県竜王町産、幻の葡萄)、紅伊豆(茜色の葡萄) :8月中旬~9月中旬

まとめ

地域が同じでも、農園によって種類が違うこともあり、また収穫時期が若干ずれる場合もあります。行き先を決めたら、電話やホームページなどで前もって確認することをおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます