日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フェスやキャンプで使える、アウトドア用マットのおすすめ

アウトドアに必要なものに、アウトドア用マットがあります。
地面に敷いて使うだけのものがありますが、これが快適で使いやすいかどうかで、アウトドア、キャンプの質がぐっと違ってくるとも言えますね。

使う季節によって違ってくる

マットの重要な機能のひとつに、「断熱効果」というものがあります。

キャンプ、アウトドアは好きだけど、活動するのは夏がほとんどという方なら、基本どんなタイプのマットでもかまわない、と言えるでしょう。
よくみかけるスタンダードな「銀タイプ」というもので充分なのです。

しかし、少々でも気温の低いところでのキャンプなら、断熱効果のすぐれたもの、銀マット以上の断熱力があるEVAマットなどが適しているでしょう。

発泡タイプとエア注入式タイプ

発泡マット・クローズドセルと呼ばれる種類は、銀マット、ウレタンマットなどがこれに当たります。

夏のキャンプなら、断熱効果は銀マットで充分。
しかし中には、高性能の断熱力のあるマットもあります。こういうものならフルシーズンでも使えますね。

マットタイプは、収納時にくるくるとまとめるだけで、その大きさは拡げた時とさほど変わりません。
そして、軽い。

一方で、エア注入タイプは、文字通り空気が注入された時と抜けたときとでは大きさに格段の違いがあります。
空気を抜いてしまえば、たためますので収納がとても小さく、コンパクトになるという利点があります。
しかし、小さくはなりますが、実は、少し重いのです。
なにより、空気を入れなければいけないという手間があります。

移動手段がひとつの決め手

収納時の「大きさ」も大きな決め手のようです。

つまり、クルマで移動するなど、運搬手段による収納に余裕がある場合、まとめたときと拡げた時との大きさがあまり変わらなくても広げやすくまとめやすい、マットタイプで充分ということになりますね。

自転車の一人旅、などとなると、荷物を積むスペースは小さい方がいいですから、手間がかかってもエアタイプの方が向いているかもしれません。

気軽に始めるなら

車があり、気軽なファミリーキャンプの初心者、日帰りのアウトドアイベントなどに使うなら、マットタイプがいいのではないでしょうか。

アウトドア上級者になりバイクやサイクリングでの一人旅を目指すようになれば、エアタイプが必要になってくるかも知れませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます