日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これであなたもツウになれる!知っておきたいキャンプ用語(初心者編)

みなさんはどれくらいの頻度でキャンプへ出かけますか?
アウトドア派であれば、年中行く!という方もいますね。
しかし「キャンプはあまり、、、」という初心者の方に、もっとキャンプのことを知ってもらおう!
ということで、キャンプで飛び交うキャンプ用語を集めてみました。
初心者の方は必見ですよ。

キャンプ場関係

・オートキャンプ場
これはよく聞く用語ですね。
ごく普通の「キャンプ場」はテントを張りその中で寝泊まりすることを指しますが、
オートキャンプ場はテントの側に車を停めることができ、テントと駐車スペースが一画となったキャンプ場のことをいいます。
重い荷物をテントまで運ぶ必要もなく、天候が悪ければ車の中で過ごすこともでき、キャンパーにも好まれます。

テントの種類

・ドーム型テント
初心者でも簡単に組み立てができ、軽量なものがほとんど。
その名の通りドーム状に丸みをおび半球形のため、多少の風にも強いという利点があります。
最近ではこのドーム型テントがほとんどです。

・家型テント
初心者では組立は困難。
慣れない場合には破損の原因にもなるため、必ず指導員のもと組立ることが大切です。
天井が突き出た屋根の形をしています。

料理関係

・おき火
薪や炭を燃やした後の赤々と熱している状態のこと。
熾火は炎よりも熱く、熱が安定しているので中までじっくりと焼くことができます。

まとめ

知っているようなつもりの言葉でも、実は知らなかったりもしますね。
初心者の方は、慣れている方と共に行動し安全かつ楽しいキャンプにしてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます