日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

日々のランニングを有意義にするためにランナーが知っておくべき栄養学

ストレッチや入浴などきちんと行っているけど、ランニングをする時にコンディションが良くないと感じる方は食事が問題なのかもしれません。
ランナーにふさわしい栄養をこの機会に知っておきましょう。
ランニングをしていない人と同じ食事では、どこか足りない栄養が出てくるはずです。
ランナーにふさわしい栄養の取り方を紹介します。

ランナーが必要な栄養

マラソンやランニングでトレーニングをしている方に必要な栄養は
・糖分
・脂質
・タンパク質
になります。
ですがこれらの栄養を多めに取るだけではなく、これらの栄養をより体に運ぶためにミネラル、ビタミンなどをバランスよく摂取する必要があります。

食事だけではなく間食もした方が良い

ランナーで筋力作りをしている方、ハードなトレーニングをしている方はエネルギーを大量に消費します。
決まった時間に食事をしていてもエネルギーが不足しがちに。
シリアルや果物、パンなどをトレーニング後に補給するといいでしょう。
一日に3食をバランスよくは基本ですが、足りない時は間食をしてもカロリーオーバーになりません。

特に必要なのはアミノ酸

私達の体を作っているのはアミノ酸ですよね。
特に必須アミノ酸と言われている、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つがランナーが多めに摂取した方がよいもの。
大豆製品、肉、魚、卵などを毎回の食事でも多めに取る事で、ランニングに適した体作りに効果的です。

まとめ

マラソン、ランニングのトレーニングに適した栄養学でした。
バランスの良い食事が基本、これらに必須アミノ酸を取る食事を多めに摂るようにしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます