日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

まさか1つだけじゃない?バスケのシュートの種類とそれぞれの特徴

まさか1つだけじゃない?バスケのシュートの種類とそれぞれの特徴

バスケットをやる上でシュートを磨くのはかかせません。シュートにも様々な種類があり、ただシュートを打つだけではなく、フェイントを入れてみたり、ディフェンスをかわしながらのシュートなど色々あります。

ここでは様々なシュートの種類やコツを紹介していきます。

レイアップシュート

バスケット漫画で有名な「スラムダンク」では庶民シュートと呼んでいたシュートの事で、シュートの種類では基本中の基本です。ドリブルでリング下まで近づき、右手でシュートする場合は右足→左足の順で踏み切り右手でシュートします。左手の場合は左足→右足の順です。シュートを打つ感覚というより、ボールをリングに置いてくるイメージを持つといいです。

ドリブルからの流れが多いので勢いをつけ過ぎると外してしまう可能性があります。このレイアップシュートの応用で、バックレイアップという種類のシュートがあります。リング下を通過し反対側からのシュートです。ディフェンスがいる場合、スムーズにシュートが出来ないのがほとんどですので、少しフェイントを入れることによりシュートへ行ける精度が違ってくるので身につけるといいです。

バスケットの上級者になるとレイアップの姿勢から空中でディフェンスをかわすダブルクラッチなんかもあります。

セットシュート

これも数あるシュートの種類では基本中の基本です。右手でシュートする場合左手でボールを添え、右手のスナップでシュートを打ちます。

このシュートはリング下やミドルレンジ、ロングレンジとどこからでもシュートを打つことが出来ます。ポイントとしては手の力だけではなく、膝のクッションを使う事と、手首のスナップをしっかり利かせる事です。

手首のスナップを利かせないとコントロールや飛距離も悪くなります。また、上達するには何度も練習するしかないです。練習せずにシュートの精度を上げることは出来ません。

フックシュート

ディフェンスとマッチアップしてる際、相手が自分より大きい場合に特に有効です。リングに対し体を横向きにしながら打つ種類のシュートです。体を横向きにすることでディフェンスのブロックをかわすことが出来ます。

上達するにはジャンプしながらではなく、まずは立ったままリングとの距離感を掴んで下さい。このシュートも手首のスナップが大事です。また、ミドルレンジから狙うのもいいですが、リング下付近でシュートを打たせてもらえない場合に打つのが有効なので、まずはリング下付近からの練習をしてみて下さい。

まとめ

シュートの種類にも色々あることが分かってもらえたと思います。シュートの種類を覚えることは得点のチャンスに繋がる事になるのでこれを機会に練習してみて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます