日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスとクリスマスイブってどう違うの?

日本では、クリスマスとクリスマスイブの意味がはっきりとは理解されておらず、曖昧なまま、家族や恋人同士で幸せなときを過ごす一つのイベントとして捉えられています。今回はクリスマスとクリスマスイブについてその違いを解説します。

クリスマスイブとクリスマス

キリスト教のイエスが生まれた日の12月25日をクリスマスとして祝います。ただし、キリスト教の下地となっているユダヤの暦では、1日の始まりは現在のような夜中の12時ではなくて日没から始まるので、日没で日にちが変わります。したがって、クリスマスイブはクリスマスの前夜祭ではなく、現在の12月24日の日没からクリスマスは始まっているのです。宗教的にはそういう事になりますが、あまり宗教に深入りしない日本の場合、クリスマスイブとクリスマスの正確な区分けは意味が無く、家族、または恋人同士の都合に合わせて過ごし方も違ってきています。

サンタクロースはいつ来るのか

日本での場合は、両親の都合に合わせて訪れることが多いようです(笑)。子供たちは「サンタにはサンタの都合があるから。」と、納得もしているようです。よその国では、24日の夜中から25日の朝に子供たちが目覚めるまでの間に来るところが多いようです。ベッドの傍にプレゼントを置いて行くこともありますが、大抵の場合には居間のクリスマスツリーの下に、子供の名前を書いたタグを付けて置いて行きます。12月25日の朝は子供たちは待ちきれない様子で、ツリーの下のプレゼントの包みを開け始めます。

クリスマスイブとクリスマスの違い、まとめ

12月25日のクリスマスを祝日とする国では、12月24日は、日没までは普通の日なので個人的に休暇を取らない限り通常の仕事をします。学校は既に休暇に入っています。日本でのクリスマスの祝い方には独自のものがあるようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます