日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

実は厄払いが目的!?ハロウィンで仮装する意味とは

ハロウィンは日本では、その起源などの意味が知られていないためなのか「仮装パーティー」をするイベントだと思っている人が多い印象です。その仮装も本来のお化けや魔女の仮装というよりも、アニメやキャラクターなど何でもありという状態です。そこで、ハロウィンの仮装の本当の意味は何なのか、少し考えてみませんか?

ハロウィンの仮装の意味とは?

まずはハロウィンの仮装の意味を知るには、ハロウィン自体の意味を知る必要があります。ハロウィンは10月31日が古代ケルト人の大晦日に当たる日であったことから始まりました。この日に秋の収穫をお祝いしていたのです。欧米のお祭であることから、クリスマスと同じくキリスト教関連のイベントだと思っている人も多いですが、古代のお祭であってキリスト教とは無関係です。

ハロウィンの仮装の意味とは?

10月31日は亡くなった人たちの魂が、この世に帰ってくると考えられていました。それと同時に魔物もやってきて、人間に悪さをすると考えられていました。そこで、それを恐れた人間は自分たちも魔物の格好をすることによって、魔物たちに自分たちは仲間だとアピールしていたのです。仮装をした子どもたちにお菓子をあげるのは、家にやってきた魔物たちにお菓子を渡して悪さをしないで帰ってもらおうとしていたことの名残です。

かぼちゃの意味とは?

ハロウィンと言えばかぼちゃなのですが、なぜかぼちゃなのかというと、これも理由があります。

昔、ハロウィンの日に飲んだくれで乱暴者のジャックという男のもとに、悪魔が魂を取りに現れます。しかしジャックは魂を取られたくなくて悪魔を騙して魂を取らないことを約束させました。やがて年老いて死んでしまうことになったジャックは、当然天国には行けず地獄に行くことになりましたが、悪魔に「魂を取らないと約束をしたから地獄にも入れない」と言われてしまいます。行き場がないジャックはカブをくりぬいたランタンに火をともし、あの世とこの世を行ったり来たりするしかありませんでした。

もともとはカブだったのですが、アメリカにこの話が伝わると、アメリカではカブが一般的ではないために、大きなかぼちゃのランタンになりました。

まとめ

ハロウィンはお祭、仮装は厄除け、かぼちゃのお化け「ジャック・オ・ランタン」は乱暴者ジャックが悪魔を騙して、死んでも行き場をなくしてしまったために使うことになったランタンがもとになっています。
仮装パーティーやハロウィンパーティーで盛り上がるのは大いに結構ですが、せめて子どもたちにはハロウィンの本来の意味を教えてあげてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます