日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バーベキューマスターになるために準備するものと心得

みなさんはバーベキューにも検定があることをご存知ですか?日本でも野外でバーベキューを楽しむ人は増えています。

最近ではこのプロフェッショナルなバーベキューマスターを目指す人が多いのだとか。
ではマスターになるには何が必要なのか、バーベキュー検定が定めるマスターの定義から探ってみました。

バーベキュー検定とは

日本バーベキュー協会主催の検定で、バーベキュー文化を普及していくことを主目的としています。

・初級インストラクター
バーベキューについての正しい知識、手際よくお肉を焼けるかが焦点になっているそうです。

・上級インストラクター
初級レベルに加えお肉の種類とその基礎知識、また素材を生かしたレシピ考案と指導者レベルを目指すもの。
これでもまだマスターではないんですね…(笑)。

・バーベキューマスター
バーベキューの技術はもちろん、コミュニケーション能力まで問われる。総合的に判断してプロのレベルにあると考えられる人に与えられる。

ちょっとマスターについてわかってきました。

マスターに必要なもの

・季節にあった食材
・BBQではおなじみの「三種の神器」:チムニースターター、火消し壺、水鉄砲

マスターの心得

何事にも共通して言えることですが、事を成すには「段取り」が重要です。
BBQは屋外で楽しむもの、単に時間をかければいいのではなく下準備は簡単かつスマートに行う!
これをモットーにBBQを楽しみたいですね。

まとめ

日本はまだまだ世界に比べれば、BBQのレベルは低いのだとか。
準備段階から後片付けまで、みんなで楽しめるBBQにしたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます