日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

夜間のランニングは、LEDライトを腕につけて危険回避!

朝ランニングは色々と利点があると言われていますが、朝走るのは難しいため夜に走っているという方も多いのではないでしょうか。真夏にでもなれば、昼間は暑さに耐えられないという理由で夜走る場合もあります。しかし、夜間のランニングは事故の危険性が高まります。

夜間の危険性

夜間ランニングは昼間のランニングとは違い、自動車などの乗り物との接触の危険性が高くなります。乗り物の運転手は基本的に遠くを見ながら走っているため、逆に近くのものを見落としがちになるからです。そのため、暗い夜道をランニングする場合には光るものを身に着け、ランナーがいることを主張しながら走らなければいけません。歩道を走ってくる自転車もいるので、周りが自分を認識しているかどうかを確認しながら走るようにしましょう。

バンド型LEDライト

暗い夜道を走る場合には、手首や腕、脚などに巻き付けて使えるバンド型IEDライトがおすすめです。自動車や自転車などは下が見え辛い乗り物ではありますが、ある程度高い位置に光るものを付けるならば、走っているランナーにも気づきやすいでしょう。その点腕などにも巻けるバンド型ならば分かりやすくなります。体にタスキ掛けやベルトのように付けるタイプのものもあるので、そういったものもおすすめです。

LED靴紐

腕以外にも、正面から来る歩行者などにはLED靴紐がおすすめです。シューズの紐が光るため、自分が走っていることを相手に知らせやすいものになるからです。そして、後ろからでも走る動作が分かりやすい、シューズの踵部分につけるタイプのLEDクリップもおすすめです。光量が強いため遠くからでも分かりやすく、シューズの上に付けるタイプなので取り付けへの違和感なども感じさせません。LED靴紐と併用すると便利でしょう。

まとめ

夜間ランニングの危険性への認識を高めることは大切です。自分が被害者になる場合もそうですが、歩行者とぶつかってしまう場合には加害者にもなりえるからです。LEDライトを腕などにしっかりと取り付け、ランナーがいることを周囲に知らせながら走るようにしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます