日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣りの良さを伝えたい!この魚、英語でなんて言うの?

日本語では分かる魚も英語では意外と知らないのが多いです。
そこで釣りでも有名な魚を英語で紹介します。

アジ

呼び名はhorse mackerel(ホース マッカラル)
この名前は日本のアジで、アメリカのほうのアジは「moonfish」というらしいです。

イワシ

呼び名はsardine(サーディン)
また、sardine can(イワシの缶詰)で「すし詰め状態」という意味の慣用句らしいです。
sardineだけでも「ぎゅうぎゅう詰め」という意味のようです。

カツオ

呼び名はbonito(ボニート)
よく跳ねるイメージから「跳ねっ返り」という意味のskipjack(スキップジャック)とも呼ばれるそうです。

呼び名はsalmon(サーモン)
これは皆さんもご存知だと思います。
因みにイクラはsalmon caviar(サーモン キャビア)などと言うそうです。

タイ

呼び名はsea bream(シーブリーム)
breamはコイ科の淡水魚、タイ科の海水魚、クロマス科の淡水魚などを指すそうです。

マグロ

呼び名はtuna(ツナ)
こちらもツナ缶などで有名なのでご存知と思います。

フグ

呼び名はglobefish(グローブフィッシュ)
他にもpufferやballoon fishなど、多数の呼び名があるそうです。
大体が膨らんだ見た目そのままが多いようです。

太刀魚

呼び名はcutlass fish(カトラスフィッシュ)
カトラスっての言うのは刀の一種です。
つまり英語でも刀の意味なんですね!

スズキ

呼び名はsea bass(シーバス)
バス釣りをする人なら有名でご存知な方も多いと思います。

アンコウ

呼び名はangler fish(アングラーフィッシュ)
anglerは「釣り人」という意味です。
アンコウが頭についてる細長い突起で小魚を釣る様子からこの名前になったみたいです。

まとめ

日本語で聞きなれた魚も英語だと見た目が名前になっていたり、ユニークなものも多いみたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます