日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

上手く釣りをするために知っておくと便利なロッドの選び方

ロッドは、釣りたい魚や、どうやって釣りをしたいかで必要となる種類や長さなどが決まります。ここでは海釣りに焦点を合わせてみました。

磯竿

防波堤や磯、岩場などでその付近にいる魚を釣るときの定番のロッドです。ウキ釣り、サビキ釣り、カゴ釣りなどに使われ、クロダイなどの底物用やクエなどの超大物竿などがあります。
・長さは4.5~5.3m程度のものが一般的ですが、磯やテトラあたりなら5.3mが標準になっています。防波堤など足場のよい釣り場ならば4.5m程度の短めが使い勝手が良くて便利です。
・磯竿の号数は、その竿に最敵のハリスの太さを表しています。

投げ竿

仕掛けを遠投するためのロッドです。重い錘を使って遠くに飛ばすことが前提なので、竿先も堅くなっています。
・浜からの本格的な投げ釣りの場合は4mの長さを使うのが一般的ですが、釣り場が波止場ならば、長さは1.8mから3mのチョイ投げ向けのものが向いています。
・投げ竿の号数は、その竿に対応するオモリの号数を表しています。

ルアーロッド

ルアーフィッシング用の竿で、シーバスやエギングに使います。チョイ投げやサビキ釣りなどにも使えます。
・長さがあるほど遠投しやすく、足場の高い釣り場で使えます。ロッドパワーがあれば重いルアーが投げられますし、大きな魚との格闘にももってこい。
・シーバス、エギング、ヒラメ、タチウオ、イナダやサバなどであれば8ftから9ftのMLクラス、メバル、アジ、カサゴ、メッキなどの小型魚であれば6ftから7ftのULクラスが一般的です。

ロッドの選び方、まとめ

長いロッドは遠投向きで、重いために疲れやすいのですが、短いロッドは狭い場所でも扱いやすく、長時間手に持っていても疲れにくいという長所もあります。用途によってうまく使い分けましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます