日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのドリブルがうまくなりたい!

攻撃的なポジションであれば必ず必要になるドリブルテクニック。
ちなみにドリブルで抜きやすい状況とはどんな時か?
相手の体勢やリズムを狂わせた時ですね。
ボールの動かし方で狂わすことも出来ますし、体の動きで狂わすことも出来ます。
しかし、どちらの方法でもボールコントロールがあってこそ出来るもの。
基礎的な練習ですが、繰り返すことで、多様なドリブルのフェイントの応用が出来るはずです。

コーンを等間隔で置いて左右の足でジグザグ

試合で使えるフェイントなどはこの練習で活きてくると思って下さい。
実際に対峙した時に、ボールが足にくっついているような選手は、ボールを取られにくい独特の間を持っています。
ボールが足にくっつくようになる独特の間は、この地道な練習の積み重ねで培われます。
慣れてきたら間隔を狭めるといいでしょう。

まずはインサイドとアウトサイド

この2つのキックを使いながらジグザグの練習を繰り返します。
慣れないうちはツータッチでもOKですので、ミスを少なくすることを意識しましょう。
慣れてきたら全部ワンタッチのみでコーンをジグザグです。

足裏とタッチ数を増やしてジグザグ

先程はタッチ数を少なくするようにターンと言いましたが、それだけでは試合で使えるイメージが出来ませんよね。
実際に試合で使うにはボールの動きでフェイントをかけるわけですから、試合をイメージしながら足裏、インサイド、アウトサイドでコーンにぶつからないように、自分のイメージでターンを繰り返してみてください。
每日長い時間やってると、いつのまにか相手の動きが読めるようにもなってくると思います。

まとめ

この練習を習慣化することで、ボールコントロールに自信がつくはずです。
この自信がアナタ独特の間にもつながってきますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます