日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

Trick or treatってどういう意味?ハロウィンにちなんだ英語のフレーズまとめ

ハロウィンは外国のお祭ですので英語のフレーズがたくさん出てきます。
ハロウィンでよく使うフレーズを利用して英語の勉強をするのも楽しいですね。
英会話スクールに行っている子どもたちはスクールで行なうパーティーでハロウィンの英語をたくさん覚えてくるかもしれません。
大人も仮装に精を出すのもいいですが、ハロウィンに必須の英語を少し覚えてみませんか?

Trick or treat!の意味は?

ハロウィンの英語のフレーズと言えば「Trick of treat!」です。
中学校の英語の時間で習ったという方も多いかもしれません。
「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味です。
ハロウィンはお化けなどの仮装をした子どもたちが近所の家を回ってお菓子をねだることができる日でもあります。
逆に言えば、大人はあまり使わないフレーズですので、注意しましょう。

Happy Halloween!

「楽しいハロウィンを」という意味になります。
仮装パーティーに出かける人を送るときや、家にお菓子をねだりに来た子どもたちにお菓子を渡して送り出すときに、よく使うフレーズです。
カードを送るときにもよく使います。
「Have a Happy Halloween」「Hope Your Halloween is a Treat!」(素晴らしいハロウィンでありますように)と書くのもいいですね。

ハロウィンでよく使う単語

ハロウィンでよく使う単語の代表と言えばJack-o\’-Lantern(ジャック・オー・ランタン)です。
大きなかぼちゃをくり抜いて作ったちょうちんのことです。
悪魔を騙したために死んでもどこにも行くことができず地上をさまようことになったジャックが持っていたちょうちんということで、こういう名前がつきました。
もとはかぼちゃではなくかぶであったのですが、アメリカに渡ったときにアメリカで豊作だったかぼちゃに変わってしまいました。
その他にも、人を驚かすときの「わっ!」に当たるのは「Boo!」です。
また驚いたときの悲鳴「きゃー!」に当たるのは「Eek!」です。
これも覚えておくと外国の人と交流するときに便利かもしれませんね。

まとめ

本場のハロウィンは日本と少し違うところがあるかもしれません。
留学や出張でハロウィンの時期に外国にいることになったら、いろいろと知っておいたほうが良いことも多いですね。
また日本に住んでいる外国人、留学生と交流するときにも、ハロウィンによく使う英語を知っておくと便利でしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます