日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの機種の違い〜最新機種の比較から〜

現在ほぼすべてのカラオケ店で共通で使われる最新機種「JOYSOUND f1」と「LIVEDAM」を
同シリーズの過去機種と、さらに最新機種同士で比較してみます。

①JOYSOUND最新機種 「JOYSOUND f1」

かつて機種の1つだったUGAでのカラオケ曲を取り込んで曲数は20万曲以上も扱っています。
さらに、採点のメカニズムにもUGAの採点法を新たに組み込みました。
また、フルHDに対応して高画質化したことに加え、自分が歌っている姿をWEBで公開できる「うたスキ」機能が
アップグレードされたのも必見。
CROSSOでは、他の人とのうたスキコラボが1人まででしたが、f1では自分含め5人まで画面上でコラボできます。

②DAM最新機種 「LIVEDAM」

曲数が5000曲以上、そのうちLIVEを含めた本人映像搭載曲が300曲以上増えました。
何よりも採点機能の強化が話題ですが、特に音程やテクニックの判定がかなり人間寄りになりました。
さらに、これらのテクニックを学べる「ボイトレ」機能が追加されました。

③最新機種同士の比較 「JOYSOUND f1」vs「LIVEDAM」

・曲数

f1が20万曲超え、LIVEDAMが15万曲超えで約5万曲f1が多いです。

・音質/画質

画質は差がなく、音質はLIVEDAMのほうがCD音源に近いと評判。

・遊び機能の多さ

楽器の持ち込みやうたスキ動画の強化など、f1が圧倒的。

・採点機能

LIVEDAMの採点はより具体的で、明確な基準があるので格段にf1よりも優れます。

これを機に、自分にあったカラオケ機種を見直してみましょう!!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます