日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

留学先で戸惑わないために~ピクニックに関係する英語をまとめてみた~

最近では海外への留学や旅行も珍しくなくなりましたね。
国際社会の中で、日本人が活躍する場も増えてきた証拠でしょうか。
「留学」と言えば、英語圏が真っ先に思いつく方も多いはず。
アウトドアが盛んな海外で、初めての留学でも困らない様、ピクニックで使える英語をご紹介します。

Go on a picnic

基本中の基本ですが、「ピクニックへ行く」という表現は英語で言うと?
そうです。”Go on a picnic!”です。
「~へ行く」なので”Go to”としてしまいがちですが、”go to”の後は場所がこなければなりません。
picnicは場所ではなく行為なので、前置詞はonを使います。
同じような例でいえば「旅行へ行く」もそうで、”go on a travel”となります。

ピクニックシート

日本ではピクニックシートというと、ビニール製のものを言いますね。
しかし、欧米ではピクニックシートは布製がほとんど。
そのため、”picnic blanket”と言います。
専用のブランケットやタオルを敷くのが一般的ですよ。

picnicという動詞

通常、picnicは日本語と同じように名詞として使用されますが、「外で食べる」という動詞としても使うことができます。
この場合、レストランのような「外」を意味するのではなく、文字通り「屋外で、外で」というニュアンスになります。

まとめ

一つの単語でも色々な表現があるので、気を付けたいですね。
くれぐれも「知ったつもり」にならないように。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます