日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者でもわかる釣りのおすすめノット

ノットとはラインの結び方のことです。今回はおすすめのノットについて紹介します。

ユニノット

結び方の基本です。金具を結ぶだけでなく、ラインとラインを結ぶためのにも使えて幅の広い活用ができます。細いラインから太いラインに至るまで、素材を選ばないで性質の異なるラインを結び合わせられます。結節強度はあまり高くないので、長時間使いつづけると、結び部分が疲労して切れやすくなるという欠点があります。

やり方:折り返して輪を作って輪に糸を数回くぐらせます。両端を引っ張って輪を締めこみながらラインを調節して結び目を金具の方に寄せます。そのあと、唾液で濡らして強く締め込みます。

クリンチノットとダブルクリンチノット

クリンチノットは結び強度は強いが、しっかり締め付けておいても抜けることがあり、ブルクリンチノットは強度を上げるためにラインアイにラインを2回通します。

クリンチノットは、折り返した先端を糸に5回から6回巻き付けて、その糸の先端をヨリモドシの輪の根元のループに通します。さらにその時にできた大きなループに先端をくぐらせて、糸をゆっくり引き締めます。

オルブライトノット

太さや素材の違うラインを結ぶときによく使われます。エサ釣り、ルアーフィッシング、フライフィッシングを問わずほぼ全部に使えて、結節強度はほぼ100%といわれる非常に丈夫な結び方です。

太いラインの先端部を二つ折りにして、始めに細いラインで太いラインの本線だけを巻きます。次に、太いラインの二つ折り部分と細いラインの本線を一緒に7回から8回巻き付け、細いラインの先端部を、ゆっくり引いて締めます。さらに太いラインの先端と本線をおさえながら、細いラインを引いて締めます。

初心者でもわかる釣りのおすすめノット、まとめ

ノットを作るときには、最後に締めるときにノット部分を口で濡らすと強度が増します。そして余分な長さの糸を切っておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます