日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会の案内状の書き方を教えて!<恩師宛編>

同窓会を開くことが決定して、幹事を務めることになったならば、同窓生メンバーや恩師にも案内状を書いて郵送しなければなりませんよね。今回は、同窓会の案内状の書き方の恩師宛編をご紹介します。

恩師の都合を考えることが大事

恩師の先生を同窓会に招待するときには、あらかじめ恩師の希望や都合を聞いておきましょう。恩師の先生が来れない同窓会はさみしいものがありますから、恩師の都合に合わせて、同窓会を開くというケースもあるようです。また恩師には、最初に同窓会の日程を伝えおき、挨拶を一緒に頼むというお願い事もする場合がありますので、同窓会が決まったらなるべく早くコンタクトを取りましょう。

親しみを込めて案内状を送ろう

恩師の先生に案内状を送るときも、ほかの同窓生に送る場合よりは、多少親しみを込めた書き方をした方が良いでしょう。そうすれば恩師の先生も懐かしい思い出がよみがえってきたり、卒業アルバムを見返すかもしれません。

重要な項目は忘れずに記しておくことが大事

恩師へのハガキの書き出しには、時候のあいさつを忘れずに入れましょう。それはあなたが大人になって一般の礼儀を行うことができることの証明にもなります。同窓会の日時や場所、会費、幹事への連絡先など細かい情報も載せておくと恩師も都合をつけやすくなります。また、学校名やクラス名、学年も明記しておかなければなりません。

まとめ

また、恩師の先生宛のハガキには、同窓生みなが恩師に会いたがっているということも載せておくとなお良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます