日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会が楽しくスムーズに進む段取りの取り方

同窓会を開きたいと思っている方や、すでに幹事に選出された方は、同窓会の段取りに悩まれることかもしれませんね。今回は、同窓会が楽しくスムーズに進む段取りの取り方についてご紹介します。

幹事には幹事補佐を選出することが大事

同窓会の規模が大きくなると、幹事ひとりでは難しくなる場面が多々あらわれてくるでしょう。ですので、幹事補佐役の人を各クラスにつき2人から3人集めておくとのちのち皆で相談をして問題事に対処することもできますし、何よりこころ強いですよね。また、幹事補佐の人の中には、男女を含めたほうが良いです。交友関係の広い人を補佐メンバーに入れておくと、多くの同窓生が集まりやすくなるでしょう。

準備期間が必要となる

同窓会を開くとなったなら、日時と会場を先に決めて、より多くの同窓生がスケジュール調整などをしてくれることを期待しましょう。2ヶ月から3ヶ月ほど余裕をもって、前もってハガキや連絡網を使って告知をしておくと、人数が集まりやすくなります。

場所のことを考えておく

同窓会を開催する日程は、多くの場合、大型連休やお盆、年始年末が挙げられます。というのは、都会で就職や学校に行った人たちが、帰省している可能性が高いといえるからです。その機会を狙って開催日時と、会場の予約を行います。

まとめ

このように、同窓会の段取りにはさまざまな行程がありますが、なかでも会場となるお店は、地元とする方が帰省中の方々が集まりやすくなる可能性が高いといえます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます