日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

買う前に知りたい〜初心者でもわかるバトミントンのラケットの正しい選び方〜

本格的にやろうとすると思ったよりもかなり激しい動きになるバドミントン。体に合ったラケット選びが上達する近道です。初めて挑戦するという人はどんなラケットを買ったらいいのでしょうか?

バドミントンのラケットとは

バドミントンのラケットは、フレームの長さが680ミリ以内、幅は230ミリ以内と規定されています。材質は木製やチタン、アルミなどの素材など様々ですが、近年ではカーボン繊維が使われることが多いです。グリップ部分にはグリップテープが巻かれています。グリップテープは、主にポリウレタン製のものが、タオル地のものが使われていて、好みで使い分けられます。グリップテープの巻き方次第で、手の大きさや好みに合わせてグリップの太さを調整することが出来ます。

ラケットの価格帯

ホームセンターやスポーツ用品店で売られているバドミントンのラケット。安いものですと1,000円程度で売られていますが、強度や性能を考えると、競技としてのバドミントンに挑戦したいという方は、5,000円程度以上のものから選ぶと失敗が少ないです。競技用のものだと20,000円以上するラケットもありますが、慣れないとかえって扱いづらいものが多いで注意が必要です。

オールカーボン製がおすすめ

アルミ製や鉄製のラケットは安価ですが、重くて扱いが難しいことが難点です。慣れないとシャトル(羽根)をうまく少ない力で遠くへ飛ばすことも難しく、手首を痛める原因ともなります。オールカーボン製のラケットは軽くて、操作が楽です。また、初心者の場合、ラケットを振った時にやわらかくしなりが大きいほうが使いやすいです。

まとめ

バドミントンのラケットは、手作業で作られる部分が多いため、同じシリーズでも誤差がでることがあります。また、微妙な重さの違いで、振った時の感覚が大きく変わります。できればスポーツ用品店などで何種類か実際の商品を振って、自分にしっくりくるラケットを選びましょう。初心者がラケットを選ぶ際は、軽くて柔らかいもの、というイメージに合えば、失敗は少ないです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます