日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣りを始めて「趣味はないです」はもうやめよう!〜釣りのススメ〜

釣りは、一旦始めると止まらない、と言われるくらいに魅力があるスポーツです。

釣りのススメ

まだ釣りをしたことのない人はぜひ、近くの海や川、あるいは釣り堀や管理釣り場に行って魚とのやりとりを始めてみてください。そうすれば大きな水の中には私たちが知らなかった別の世界があることが分かってきます。初回で釣れなくとも諦めてはいけません、少し経つと釣りやすい魚と難しい魚も分かってきます。魚とのやり取りを通して他にもいろいろな工夫があり、いろいろな釣り場でいろいろな釣り法も試したくなってきます。道具集めの楽しさもあります。釣った魚を美味しく食べる楽しみもあります。

ハゼ釣りのススメ

マハゼは汽水域の代表的な魚で、シーズンには簡単にたくさん釣れるので超ベテランを除いては大変に人気のある釣りです。ハゼ釣りが盛んとなってくると天ぷら船で釣りとグルメとクルージングが同時に楽しめるようになります。その頃に5cmから8cmに成長したハゼはデキハゼと呼びます。彼岸に釣れるハゼは彼岸ハゼ、11月から2月に深場に落ちたハゼを落ちハゼとかケタハゼと呼びます。産卵期に泥地にもぐって口の周りが黒くなったハゼはお歯黒ハゼ、と呼びます。

タナゴ釣りのススメ

遠くまで行かなくとも、きれいな小川や、流れの緩やかな用水を覗いてみるとタナゴが見つかったりします。タナゴ釣りが始まった関東ではナゴ類の数が減少して、最近はなかなか釣れないようですが他の地方へ行けばたくさん釣れています。体長6cmから9cm位の小さな魚ですので、仕掛けも繊細なものも多く、本格的な仕掛けはかなり高価になります。

釣りのススメ、まとめ

釣りは、行けば行くほど楽しくなって引き込まれてしまう傾向があります。慣れてきて経験が増せば自然に自分の好みの釣りが見えてきますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます