日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

寒さを凌ぐランニング用オススメのベースレイヤーまとめ

ランニングでは着易くて気に入った服装で臨みたいものです。ただし、その時々の必要性にあったものを選ぶのもスキルの一つです。

ベースレイヤー

走り出したときは快く感じていたのに途中から天候が変わって小雨になり、なんとなく肌寒いような気がするときがあります。水の熱伝導率は空気の約25倍ですから、濡れたウエアが肌に接していると急激に身体が冷やされ、体温も体力も奪われていくのです。また、ランニングしているときに部分的に、たとえば腕などが寒く感じることもあります。冬や秋、または春の時期に、厚さ、性能、生地の異なるウエアを重ねて着てその最も肌に近い、肌の上に直接着るウエア、がベースレイヤーです。機能的で優れたベースレイヤーは、快適なランニングに必要なウェアと言えます。

優れたベースレイヤーとは

体力を保つにはウエアの保温性が大切です。ただし、汗で身体が冷えると激しく疲労していきます。
保温性とともに、汗が吸収されて肌に直接触れなければ、暖かさと心地よさが継続します。雨や雪などの湿気がウェアから中に浸透しないことも大切です。ただし、外部から密閉しすぎて中で汗がべたつく感じがするのは良くありません。さらに不快な汗の臭いも吸収してくれれば助かります。

パタゴニアのキャプリーン・ベースレイヤー

吸湿発散性と伸縮性に優れたダブルニットで、表面が滑らかなのでレイヤリングが楽です。起毛仕上げが保温効果をあげて、ソフトでコンパクト、常温水で洗濯機もかけられます。用途、目的に合わせて、4種類のタイプがあり、防臭加工も施されています。

寒さを凌ぐランニング用オススメのベースレイヤーまとめ

肌寒い季節に優れたベースレイヤーを着て、アウトドアでスポーツをすることは快適さだけではなく、健康の維持にも大切なことです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます