日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

水回りの大掃除、キズをつけずに汚れを落とす方法

シンクにこびりついた汚れを取ろうと掃除したら、細かいキズがついてしまった経験ってありませんか?掃除で使う道具を選んでキズをつけずにきれいにしたいものですね。今回は水回りの掃除で、キズをつけずに汚れを落とす方法についてご紹介します。

やわらかいスポンジや布を使う

掃除にはスポンジや布など、やわらかい素材の物を使うとキズがつきにくくなります。シンクの掃除をするときって、どうしてもたわしやブラシでこすりたくなりがちですがそれはNG!細かいキズがついてしまい、細菌や水垢がたまりやすい環境となってしまいます。
ふくだけで汚れが良くとれるマイクロファイバーのふきんがおすすめです。

クリームクレンザーを少量使う

水ぶきだけでは取れない汚れの場合、粒子の細かいクリームクレンザーを使いましょう。粉末クレンザーは粒子が粗くキズがつきやすいので控えます。クレンザーはやわらかいスポンジや布に少量つけて同じ方向に磨くようにしましょう。

重曹やクエン酸を使う

料理に使う重曹も水回り掃除の研磨剤として使うことができます。食べられるものですしキズもつきにくいですから安全に掃除ができます。
水垢は重曹を使っても取れない場合があります。そんなときにはクエン酸を試してみてください。水に溶かして汚れている部分に塗ります。
ただし、重曹とクエン酸は一緒に使わないでください。アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜると悪臭が発生して危険です。

いかかでしたか?今回の記事を参考にお掃除してみてくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます