日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプで最も重要な寝袋の選び方とおすすめ

キャンプ場でテントに泊まるのはとてもワクワクしますね。しかし、山間や高原のキャンプ場などでは夏でも夜中は寒くなるものです。そこで寝袋が必要となるわけですが一体どんな種類があって、どう選べばいいのか?ご紹介します。

シュラフのタイプとは?

大きく分けて、文字通り封筒の形をした四角い「封筒型」と、カラダにフィットするデザインの「マミー型」の2つになります。その形状や材質によって使用するフィールドも異なりますので注意が必要です。

封筒型の特徴

四角い形状から寝袋の中で動きやすいことがあげられます。寝相の悪い方にはこのタイプがいいかもしれません(笑)。2つをファスナーで繋いで、大きな掛け布団のように使ったりとアレンジも可能です。隙間が多いので、暖かさではマミー型に負けるでしょう。収納サイズも大きめですが、一番使いやすいと言えます。

マミー型の特徴

封筒型に比べて身体との密着が強いので、暖かいのが特徴です。そしてその収納サイズも封筒型よりはコンパクトなので、バイクツーリングされる方や寒冷地でのキャンプ、登山などにはお勧めです。

材質は?

中綿には主にダウンと化学繊維が使われています。ダウンは高額ですが軽くて暖かいというメリットがあり、化学繊維は安価ですが収納サイズや重量は大きくなります。車でキャンプに出かけてテント泊なら封筒型で事足りるケースがほとんどだと思われます。

まとめ

寝袋は一見同じように見えても、中身の材質や作り方でたくさんの選択肢があります。高額になればその機能も高まりますが、ご自分のキャンプライフに合った商品を選択するといいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます