日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

年間王者決定戦!プロテニスのツアーファイナルにはどんな選手が出るの?

昨年、テニスプロ選手の錦織圭選手が日本人選手として初めて出場し話題となった、プロテニスのツアー大会として最高峰に位置づけられる大会、「ワールドツアーファイナル」。
全世界のプロ選手の中でも一握りの選手しか出場することが許されないこの大会。ではどういった選手が出場できるのでしょうか?
大会の概要も含め説明していきたいと思います。

そもそも「ワールドツアーファイナル」とは何か?

ワールドツアーファイナルとは、全世界で行われているATP(男子プロテニス教会)ワールドツアーの、年間を通しての最終戦です。
選ばれた8人の選手だけが出場でき、トーナメント方式で行われる他のツアー大会と違い、予選はリーグ戦方式で行われ、ベスト4が出揃ったところでトーナメント方式となります。

どういった選手が出場できるのか?

1年間を通してのツアーのレースランキング上位8人が出場できます。
ただし例外として、9位〜20位のあいだにグランドスラム(テニスの4大大会のこと)優勝者がいた場合、一番下の8位の選手と入れ替えで出場するといった特例があります。
出場選手が怪我などで出場できないといったアクシデントに対応できるよう補欠選手の枠も用意されており、9位〜20位のうちの基本上位2名が補欠選手となります。

「ワールドツアーファイナル」はどれほど凄いのか?

ワールドツアーファイナルの凄いところは何といっても賞金です。
優勝といっても全勝優勝と普通の優勝で賞金が別れるのがこの大会の面白いところですが、全勝優勝者の賞金はなんと約200万ドル!これはグランドスラム大会に勝るとも劣らない数字です。
さらに凄いところはこの大会、出場するだけで約1700万円も貰えてしまうのです。加えて補欠選手にも約800万円ほどの報酬があるのだとか。
これらの事実だけでもどれだけ規模の大きい大会であるかがうかがわれます。

まとめ

このような素晴らしい大会に出場できるようになった錦織選手は、間違いなく世界のトップ選手の一人になったといえるでしょう。
今年も彼の勇姿をこの「ワールドツアーファイナル」で見てみたいですね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます