日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーのスパイクを選ぶならアディダス!オススメのモデルと着用選手

サッカースパイクは選手にとって試合の出来を左右するほど重要なアイテム。
スパイクによって、自分の技術が上手く発揮できないなんて事はサッカー経験者なら感覚でわかるところですよね。
サッカーシューズの躍進を続けるアディダスのモデルと着用選手をご紹介します。
アナタの気に入るモデルはあるでしょうか?

プライムニット 2.0

着用選手は、パラグアイ代表のルイス・スアレス選手、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス選手。
アッパーにニット素材をメインにすることで軽量化。
人間工学に基づいた設計で、足へのフィット感を追求。
ニット素材による繊細なボールコントロール性も追求しているモデルです。
ニット素材を活かすためにコーディングも施されており、雨天時でも機能性を失うことはないように設計。
日本でも発売の可能性ありです。

アディゼロ 99g

アディダスの中で一番の軽量サッカースパイクモデル。
着用選手はフリーキックの申し子、トルコ代表ハカン・チャルハノール選手。
極限まで軽量化されているため、サッカーの激しいスポーツにボディが耐えられるかどうか実験中のモデルです。

メッシ 10.1 FG/AG

名前の通り、アルゼンチン代表のメッシ選手の専用モデルとして開発されました。
メッシ選手のクイックネス、スピード活かすような設計になっていますので、自分のプレイスタイルと合うような方に向いているモデルです。
日本だと香川選手に近いプレースタイルですね。

まとめ

アディダスの着用選手モデルでしたが、いかがでしたか?
自分のプレイスタイルに合うスパイクを選ぶことはとっても大切なこと。
より結果がでやすいスパイクを選びたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます