日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

楽しむには事前準備が肝心!登山ルートを自分で作成できるツール3選

登山の際に最も大事なのは登山ルートを作る事です。ただこれは難しいうえに、ちょっと面倒。
少しでも簡略化するために現在ではパソコン上で登山ルートを作ることができるソフトがでています。

今回はその中でも定番のソフトを3つ選んでみました。

フリーソフトの中では定番中の定番!カシミール3D

個人で制作している一部有料のフリーソフトですが、有料ソフトと変わらない性能を備えているソフトです。

地図データーは内部にない為、書店などで売られている書籍や国土地理院などで公開や販売されているデーターを購入してアップロードして使う必要が有りますが、分割して表示されている地図の画像データを自動でつなぎ合わせる機能があるので、登山ルートの製作の際には大変役に立ちます。

国土地理院が公開!地理院地図

以前は「ウオッチず」という名前で公開されていたソフトで、内容の正確さからサービスが地理院地図に移った後でも非常に人気が有ります。

これは「電子国土」と呼ばれる一連の計画の一つで「いつでも、どこでも、だれでも容易に共有できる環境を構築すること」を目標としており、その名前の通り、PCからだけではなく、スマホにも対応するなど、様々な機種での対応が期待されているソフトです。

Googleマップを凌駕する?ヤマタイム

地図アプリとして絶大な人気を誇るGoogleマップですが、「山岳に関してはGoogleマップを超える」という謳い文句が書かれるほど人気なのが「ヤマタイム」です。これは登山やアウトドア関連の書籍を発行している「山と溪谷社」が公開している物で、無料の会員登録が必要ですが、独自のデーターベースで山小屋や危険地帯を公開し、しかも登山ルートによってかかる時間を予測してくれるという優れものです。

登山ルートと計画をしっかりと作ろう

どのアプリも登山ルートを練るにはうってつけのアプリなので、自分の好みに合った使いやすいものを使う事をお勧めします。

登山ルートの選定は、山歩きを楽しく行うだけではなく、事故やけがの元を防ぐためにも非常に大事な物です。どのアプリを使っても良いので、登山の前にしっかりとした計画を立てましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます