日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

安全な登山を楽しむために~知っておきたい読図のコツ~

登山を行うのであれば必ず覚えておかなければならない技術が、地図を読む技術、「読図」です。

街角で地図を読むのは誰にでも簡単にできるのですが、登山ではビルや施設などが周りを見渡しても無いので、この技術を持たずに登山して遭難してしまう事例が後を絶ちません。

今回は簡単にですが読図を行う際のコツを書いてみたいと思います。

正確な地図を持つ事

読図の技術とはまた違うのですが、地図が正確かどうかをあらかじめ確かめるというのは重要な事です。紙の地図などの場合、山小屋の閉鎖や新しく出来た送電線などのシンボルが書かれていない事があり、地図に書かれている別の送電線などと見間違えて遭難してしまうという事はよくあります。今はインターネットで最新の地図が参照できるので、登山を行う前に地図が間違っていないかなどを確認しましょう。

シンボルに拘らない

地図の見方として一番手軽なのが、シンボル同士の位置を確認してそこから自分の位置を割り出すという方法です。これは山間部でも重要で、沢や登山道の看板などはもとより、山頂や尾根などを基準に自分の位置を割り出すことも大事です。

しかし、山頂や尾根というのはぱっと見分けがつくものではなく、間違える事も珍しくありません。なので、特定のシンボルに拘る事をせずに自分の位置を確認するようにしましょう。

判らなくなったらわかる場所へ戻る事

もし少しでも自分の位置に不信感をもったら、確実に場所がわかる場所までもどって再確認しましょう。これは読図が出来る方でも起こりやすい間違いで、多少間違えていても大丈夫、と思って先に進みそのまま遭難してしまう事例が珍しくないのです。山でのルート間違いは生死にかかわる事故が発生する可能性も高いので、すこしでも疑問に戻ったら戻るようにしましょう。

間違いを恐れずに訂正していく

読図を行う際に大事なのは間違えているかもしれないという不信感を恐れずにそれをしっかりと訂正していく事です。

誰しも間違いはあるので間違い自体は仕方ない事ですが登山中に間違えたままだと生死にかかわる事故に直結します。

なのでたとえ集団での登山であろうが、時間が迫っている登山であろうが、自分の位置を間違えたと思ったら戻るという選択も重要です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます