日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

忙しい人必見!懇親会で後を引かない賢い断り方

懇親会といえば業界や趣味といった共通のものがある人同士が集まり、知り合い親しみを深め合う会ですね。
時間があるのであれば是非参加をして輪を広げたいものですが、場合によっては忙しくて参加出来ない場合もあると思います。しかし、断り方次第では後に引いてしまうなんてケースも考えられますし、なかなか難しいものだと思います。
今回はそんな懇親会の後を引かない断り方について紹介したいと思います。

先約があると断る

社会人としては先約優先という暗黙のルールがあります。
自治会の集会や会社で送別会といった先約があるという理由で断る事で、相手も仕方がないと納得してくれると思います。
注意点としては違う懇親会の先約という理由は避けるのがベストです。同じ懇親会を理由とすると優先順位をつけられたと相手に取られかねないケースがあり、後に引く恐れがあります。

来客があると断る

今日は妻の両親が家に来るので・・・といった来客を理由に断る事で相手も納得してくれると思います。
家庭の事情になりますので、違う日に変更をしろなんて言われる事はまず無いと思います。

仮病を使い断る

最後に定番といえる仮病を使った断り方もあります。
今日はちょっと体調が悪くて・・・といえば無理に誘う人はいませんし、当日と次の日くらいまで体調が悪そうにしておけば大抵の人は信じてくれます。
但し、あまり具体的にどこがおかしいなどというと突っ込まれる可能性がありますので、あくまで具合が悪いと抽象的に伝える事をおすすめします。

まとめ

懇親会を断る方法を3つ紹介しましたが、どれも相手を不快にさせずに後に引かない方法です。
忙しくて参加出来ないのは仕方がない事です。ですが正直に理由を言っても相手からしたら自分も忙しいのになんて思う人もいないとはいえません。
ですので、今回紹介した方法で上手く断る事が最善だと思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます