日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これさえかけとけば雰囲気がでるクリスマスの曲まとめ

これさえあれば、というクリスマスの曲は実に各人各様で、その人の年代と時代を反映しているのかもしれません。

雰囲気がでるクリスマスの曲

・クリスマス・イブ
1983年からの山下達郎で、日本での長年のクリスマス・ヒット・ソングです。なんとなく、昔はやったフランス人歌手、アダモの「雪が降る」を思い出させる要素もあったりします。
・サイレント・イヴ
1990年の辛島美登里です。
・ラスト・クリスマス
1984年のワムで、今でも人気の定番の一つです。これもまた、失恋ソングです。
・ハッピー・クリスマス
「戦争は終わった。。」1971年発表のジョン・レノンの歌です。

昔からのクリスマス・ソング

・ジングル・ベル
1857年に作られて未だに人気のある世界的なクリスマス・ソングです。グレン・ミラー、ビング・クロスビー、フランク・シナトラら、多数の歌手が歌っています。
・ホワイト・クリスマス
圧倒的に、ビング・クロスビーです。今でも、クリスマスになると世界中で一度は耳にする曲です。
・きよしこの夜
1818年のクリスマスに始まった有名なクリスマス・キャロルです。英語の曲名は「Silent night」。
・サンタが街にやってくる
「君が良い子か悪い子か サンタはすべてお見通し。。。」 1934年に始まったクリスマス・ソングです。ビング・クロスビー、パティ・ペイジ、レイチャールズ、フランクシナトラ、ビーチボーイズ、が有名です。

雰囲気がでるクリスマスの曲まとめ

クリスマスは恋人との季節、として定着している日本で、雰囲気がでるクリスマスの曲となると矢張り恋人が出てきたり失恋したりする曲に人気があるようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます