日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

意外と知られてない?〜みかん狩りをする時の極意と季節〜

みかん狩りはお年寄りから子供まで楽しめるレジャーです。太陽の光をたっぷり浴びて育ったみかんは甘くて、ビタミンCが豊富です。実は意外と知られていないのですが、みかん狩りをするときの極意があるのです。知らないと損をしてしまうみかん狩りの秘密をご紹介します。

みかん狩りをする季節

みかん狩りは10月上旬から1月上旬ぐらいまでが旬とされています。温暖な気候と太陽の光が、みかんを甘くしてくれます。とりわけ海の近くで育ったみかんは、紅葉の時期に潮風と太陽を浴びて甘くなります。葉っぱが色づいたころ、みかんもおいしさが絶好調になるのでこの時期がおすすめです。

甘いみかんを見つける方法

なるべく木の上のほうで日当たりのよい場所にあるもの、枝の先端に実がなっているものを探します。そして橙色が深く濃い色で、触ってみて皮が軟らかくてしっとりした物を選びます。葉っぱの近くにあるもの、ヘタが黄色っぽく枯れていないものがおいしいみかんです。

究極のおいしいみかんを見つけるにはし

ヒヨドリのつついた跡がある木はどれも甘くおいしいです。ヒヨドリは本能的に甘いみかんを見つけることができるのです。そしてみかんの皮にあるぶつぶつが小さい物を選んで下さい。

まとめ

みかんに含まれているビタミンCは風邪予防に効果があるとされています。この秋、さっそくおいしいみかんを見つけにみかん狩りにいきましょう。自分で収穫したみかんは格別の味がすることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます