日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会が自慢大会にならないように幹事が企画すべき催し物

同窓会に行くと、久しぶりに再開した同級生と話せて楽しいですが、そのうちお互いの自慢話になって終わってしまいませんか?せっかくの再会ですから、みんなで盛り上がれる企画などがあればいいですよね?

というわけで今回は、同窓会が自慢大会にならないように幹事が企画すべき催し物ベスト3です!

第3位 懐メロイントロクイズ

事前に参加者の人たちに受付などでアンケートを行い、それをもとに懐かしの名曲を流してイントロクイズをしてみましょう。ただCDを流すだけでも良いのですが、もし学生時代にバンドをしていたメンバーがいればその人たちにお願いして生演奏してもらえば、会場は大盛り上がりすること間違いなしです!

第2位 校歌斉唱

あの頃、みんなで歌った校歌。普段は真面目に歌ってなかったけど、久しぶりの再会を記念してみんなで肩を組みながら歌ってみるのも悪くないですよね!これも当時のバンドメンバーに生演奏を頼んだり、校歌のオリジナルアレンジ版を作曲したりしても良いですね!少し手間はかかりますが、同窓会の良い思い出になることは間違いありません。

第1位 集合写真を撮る

これこそマンネリな企画じゃね、と思われるかもしれませんが、集合写真を撮る時って、みんなそれなりに楽しんでますよね!それにみんなが参加できるという点でも、退屈することはないかと思います。もし普通の集合写真に飽きてしまったら、当時の制服を持ち寄って、学生時代を再現する集合写真を撮ってみてもおもしろいですよ!

まとめ

以上、同窓会が自慢大会にならないように幹事が企画すべき催し物ベスト3でした!たしかに同窓会はマンネリしがちな会ではありますが、少し工夫をすればみんなの退屈しない余興を企画することができます。それぞれの年代に合った催し物を企画することも大きなポイントですよ!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます