日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

どうしても攻略できないルートがある人へ〜ボルダリングの基礎的なテクニックとは?〜

腕の力や体幹のバランスが良い人は、ボルダリング初心者でもある程度のレベルのルートまでクリアはできます。
その先にあるレベルの高いルートをクリアするためには、腕の力よりも足の使い方が重要で、基礎的なテクニックとなります。

常に親指の付根でバランスを取るようにする

ルートの攻略で常にムーブをスムーズにするには、足のどこでバランスを取るかにかかっています。
次のムーブには、足の力が入りやすいように親指の付け根で立つようにしましょう。
そうすることで、足の指に力が入りやすく、次のムーブがスムーズになります。
このような足の置き方をインサイドエッジと呼びます。

アウトサイドフラッキング

攻略ルートが大きく体勢を変えないと難しい時に使う、足の使い方の1つです。
右手、右足のみでホールドをするとどうしても、扉のように体が開いて落ちやすい体勢になります。
この落ちやすい体勢を防ぐテクニックがアウトサイドフラッキング。
例として右手、右足をホールドしたまま、反対の左足を後ろから交差させて壁につける事で、体勢を立て直すテクニックです。

インサイドフラッキング

インサイドフラッキングは足の内側を通して、ホールドと足の組み換え回数を減らすテクニックです。
ホールドしている反対の足をホールドしている足の内側を通し、近くのホールドに乗せながら進むように足運びをします。
ホールド回数を省略することで、腕の力を使わずにルート攻略をする事ができます。

まとめ

ルート攻略の基礎テクニックとして、足のホールド位置、アウトサイドフラッキング、インサイドフラッキングについて解説をしました。
普段のボルダリングの時に、足の使い方を意識して練習をしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます