日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ベタつくものはNG~ピクニックに持っていくジュースはどんなものがいいの?~

夏本番を迎えて、ピクニックに清涼飲料は欠かせません。
キンキンに冷やした甘いジュース・・・生き返りますね。
でもちょっとこぼすと後がベタベタ・・・なんてことよくあります。
甘いものが飲みたい、でもベタつくのはイヤ!それならこんなジュースはいかがですか?

ジュースに含まれる糖分がハンパない

こぼすとベタつく原因が糖分だというのは誰でも知っていますよね。
でもどれくらい入っているかなんてあまり気にしないもの。
岡山県の笠岡市民病院が作成した、清涼飲料水に含まれる砂糖の量のサンプル画像がネットを賑わしていますが、見るとぞっとしますよ。
500mlスポーツドリンクで5gのスティックシュガー6本半、コーラやカルピスウォーターは10本以上入っているというのは驚きです。
いろはすでさえ、スポーツ飲料と同じくらい入っていました。
果汁100%ジュースも、果汁自体に糖分が含まれているうえに、酸味を抑えるためにかなり砂糖が使われているそうです。

ピクニックにおすすめ!ベタつかないジュース

糖分の採りすぎが問題視されてか、最近は「ゼロ」とか「カロリーオフ」とか名のつく清涼飲料が増えてきました。
砂糖の代わりに人工甘味料を使っています。
人工甘味料を使っているジュースはこぼしてもあまりベタ付きません。
炭酸が好きなら、コカコーラゼロ、オールゼロ三ツ矢サイダー、DAKARAゼロスパークリングとかありますよ。
すっきり派なら「ゼロ」がつく清涼飲料を探してみましょう。

まとめ

暑い時に飲む清涼飲料は最高ですがやはり飲み過ぎは健康を害します。
ジュースばかりでなく、お茶、お水などいろいろなもので水分補給することをおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます