日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

過去とどう変わった?〜イルミネーションはLEDにしてから美しくなったのかを検証した!〜

毎年冬になると住宅やお店などで様々なイルミネーションが施されますよね。ですが、イルミネーションがより一層普及したのもここ最近です。なぜならLED照明ができたからです。ですが以前の電球とLEDで何か変わったのでしょうか?そこで今回は、イルミネーションをLEDにして変わったのか美しさの検証について紹介していきたいと思います。

寿命

LEDの寿命は半永久的に持つと言われています。なのでイルミネーションに使ってもなかなか切れることはありません。電球の場合は寿命が短いのでイルミネーションにしたときに時間が経つとところどころ切れたりすると光った時に切れたところが目立ちます。その点でもイルミネーションにはLEDにすると切れることはないので綺麗に仕上がりますね。

色の変化

LEDは電球に比べて調色が得意です。なので色とりどりのイルミネーションを施すことができます。近年目がチカチカするほどの派手なイルミネーションが増えたのもこれのせいでしょう。色んな色を出せるとなればみんなこぞってイルミネーションに精を出すことでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。イルミネーションにはLEDが適していますよね。1度取り付けたら取り替えなくていいところはとても便利ですよね。やはり美しさを保つには電球が切れてしまっては元も子もありませんよね。カラフルに仕上げていで1箇所だけ色が切れてしまってそこの1色で表現されているものがあるとしたら台無しにもなってしまいます。美しさも寿命もLEDには適いませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます