日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ビリヤードの名古屋大会に出るには

名古屋においてもビリヤードの大会が開催されているんです。
その数は多岐にわたり、多くのハスラーが腕を競っています。
今回はどうやったら大会に出場できるのか調べてみました。

東海グランプリ

まずはビリヤード協会が主催する公式戦であるビリヤード東海グランプリです!
G3のグレードということで、参加者は多い。プロ20,000円、アマ10,000円の参加費を払えば出場は可能です。

東海レディースグランプリ

こちらは女性専用のレディースグランプリ。
プロ14,000円、アマ10,000円と安くはないですが、多くの関係者と知り合えるチャンスです。
ただし、女性といえどもハイレベルが期待されるのでお間違いなくお願いします。

全日本アマチュアスリークッション選手権大会

ビリヤード専門誌の「CUE’S」が全面プロデュースする、おしゃれな雰囲気の大会がこちらです。
おしゃれなのにスリークッションルールを採用するあたりにレベルの高さを感じさせられます。
また、参加にはCSカードが必要で、参加費は予選は6,300円、決勝は6,000円です。

まとめ

基本的にはどんな方でもお金さえ払えば、名古屋では参加することが可能なようです。ただプロも参加するため、大会のレベルも高くなり初心者には敷居が高くなってきているのは事実です。それでも挑戦したい方はまず協会主催のグランプリから初めてみてはいかがでしょうか。ここで経験を積めばあとあと役に立つかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます