日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会の案内を任された。社内の人に行きたいと思わせるメールとは?

「会社の懇親会を本気で楽しみにしてる!」という方は、なかなかいないと思います。
どこか「面倒だな・・・」「つまらなさそうだな・・・」と思ってしまう懇親会に、「是非行きたい!」と思わせるような案内メールとはどんなものなのでしょうか?
たった2つのポイントを押さえれば、行きたくなるような案内メールが簡単にできてしまいます!

1、記号を使う

ここでいう記号は「!」や「?」といった文末に加える記号。メールは声色がわからないので、そんなつもりがなくても冷たく見えてしまうもの。
楽しい懇親会であることをアピールするには、メールの雰囲気から明るくすることが大事です。
この「!」や「?」が入るだけで、一気にメールに血の気が通い、堅苦しい業務メールの雰囲気はなくなります。

2、当日のお楽しみポイントを出し惜しみせず書く

お店の雰囲気や、どういった方が参加するのかなどの情報があれば、具体的なイメージが湧いて、参加するか否かの判断がつきやすくなります。
また、その情報が興味をそそられるような内容であればあるほど「参加したい!」と思わせることができます。

このポイントを踏まえたメールの例がこちら

--------------------------
件名:懇親会のご案内
関係者各位

お疲れ様です。○○です。

懇親会のご案内です!

今回の会場は□□ホテルの××ホール。ビュッフェスタイルでの懇親会です。
こちらのホテルのお料理は、とってもヘルシー。そのうえすごくおいしいと人気だそうです!
もちろん男性が好むような、ガッツリメニューもご用意しております!
当日はお酒も種類豊富にご用意しておりますので、飲みながら食べながら、親睦を深めませんか?

お忙しい時期ではありますが、
ぜひご出席くださいますようお願いいたします!

なお、会場準備の都合上、
出欠のお返事を○月×日(△)までにご返信ください。
よろしくお願いします。

———————————————————
日時  :○月×日(△) 19時~22時
場所  :□□ホテル ××ホール
会費  :4,000円
幹事  :○○
———————————————————

================================
○○ ○○
内線 xxx
================================
--------------------------

まとめ

いかがでしたか?
みなさんも、この2つのポイントを使って、誰もが楽しみになるような、行ってみたいと思わせるような案内メールを出してみてはどうでしょうか?

懇親会でこんなアトラクションされると、すごく盛り上がりそうですね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます