日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

寒い時期のキャンプには欠かせない!〜焚き火をする際の薪割りに使えるオススメの斧〜

寒い時期のキャンプでの定番と言えばたき火です。火災の恐れなどもありますし、環境への配慮から出来ないキャンプ場というのも最近では珍しくありませんが、それでも薪を使ったたき火というのは心を落ち着かせるキャンプの楽しみです。
そこで今回はそんなときに使える斧について考えてみたいと思います。

薪割り用の斧はキャンプに向いていない

一般的にまき割りの際にイメージされる柄の長い斧は「薪割り斧」と呼ばれるタイプの物で、、本格的な薪割りをするのであればこちらの方が圧倒的に向いているのですが、キャンプ場などに持ち込むには大きすぎて荷物になりますし、そもそも薪割りが可能な足場が良い所だけという訳でもありません。なので日本でのキャンプにおいては実用性がないと言わざる得ません。

基本的に「中くらいの薪を細かくする」イメージで

一般的にキャンプで使われる斧は「手斧」や「ハンドアックス」と呼ばれる柄が短い斧です。これは大きな薪を細かくしてたき火に使えるサイズにするという事には非常に向いています。ただ本格的な薪割りには力不足であると言わざる得ませんし日本のキャンプ場で薪を集めるなどという事は不可能なので、薪はあらかじめ用意して家などである程度のサイズまで切っておくなど工夫をしておく事をお勧めします。

斧か鉈か

キャンプでの薪割りはあくまで「火が付きにくい薪をたき火に使いやすい大きさにする」程度の物と割り切ると、斧の代わりに鉈を使うという方法もあります。
鉈は薪割りのみを見ると手斧に負けますが、薪割りの他にも木の皮を剥いだり雑草を刈る、木を加工するなど様々な面で使えるという利点があります。

工夫して使おう

キャンプで薪割りをするのであれば手斧か鉈の中で自分が使いやすいと思う物を使うようにしましょう。
また斧であっても鉈であっても薪割りをするだけではなく様々な場面で使える万能工具なので、薪割りに拘らず使いやすい物を選ぶことが大事です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます