日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンって何?

今や街やお店、学校でも祝われるようになったハロウィン。ハロウィンパーティで使うかぼちゃのおばけや魔女のコスチューム、デコレーションは100円ショップでも売られ、とっても身近なイベントになってきました。でも、そもそもハロウィンって何?なんで仮装をするの??そんな今さら聞けない疑問にお答えします!

古代ケルト民族の祭りSamhain

数千年も前のこと、古代ケルト民族は1年の終わりを10月31日としてその日の晩に死者の祭りSamhainを行いました。日本のお盆とちょっと似ていますが、この日に死者の霊が親族を訪れると信じられていました。また悪霊が子供を誘拐したり作物や家畜に悪さをするとも信じられ、Samhainでは悪霊払いのための焚火が灯されました。

SamhainからHalloweenへ

その後カトリック系の民族がケルト系の民族を侵略します。誇り高きケルト民族は自分たちの習慣を絶やさぬよう、カトリック教の生活の中にSamhainを取り入れていきました。カトリックでは11月1日が聖者(Hallowと呼ばれる)の日となっていますが、その前夜の10月31日をHalloweenと呼び、死者の祭りを祝うようになりました。

どうしてハロウィンで仮装するの?

Halloweenの起源であるSamhainの祭りでは、作物や家畜、子供達に悪さをする悪霊を追い払うために仮面を着けていました。ここから仮装をする習慣が生まれたと言われています。ちなみに、ハロウィンに欠かせないアイテムと言えばかぼちゃですね。かぼちゃは“お守り”の意味があり、かぼちゃのランタンに灯すろうそくは“親族の霊を迎え入れる印”の意味があります。

まとめ

ハロウィンを通して、ケルト民族やカトリック民族の歴史を学ぶことができるなんて楽しいですね。お子様がいらっしゃる方は子供達と一緒にハロウィンの由来を分かち合ってみてはいかがでしょう。今年も素敵なハロウィンの思い出が出来ますように。Happy Halloween!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます