日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者に教えます〜キャンプ用のストーブを使う時に注意すべき灯油の扱い方〜

キャンプ用のストーブは寒い時にはとっても便利です。でも一歩、灯油の扱い方を間違えると大変な事故が起こる可能性があります。楽しく、安全にキャンプをするために灯油の扱い方をマスターしましょう。

保管に注意

去年から持ち越しの灯油は変質している可能性があります。日差しの強い所や、高温になるところに置いた灯油、フタをあけたまま長期間放置しておいた灯油は変質している可能性があります。変質した灯油を使うと嫌な臭いがして目にしみたり、頭が痛くなることもあります。

灯油は危険物

洗濯物を乾かそうとして、タオルや衣類などをストーブの近くに置くと、火災が発生してしまうこともありえます。またカセットボンベや可燃性ガスが発生するスプレー缶(シンナーなど)などは絶対に近づけてはいけません。また、火のついたまま給油をしては絶対にいけません。たいへんに危険です。

引火に要注意

絶対に霧状にしてはいけません。霧状にすると空気中に散らばり、酸素と接触しやすくなるので、常温でも火災の可能性があります。また、灯油の引火点は40度です。高温の所に置くと、ガソリンと同じように引火する可能性が高くなります。高温になる場所に絶対に放置してはいけません。

まとめ

灯油はガソリンよりは引火点が低いですが、それでも常温で引火する可能性もあります。取り扱いには十分注意して下さい。石油ストーブを使うときは、絶対に目をはなさないでください。外出するときはかならず消火を確認してからにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます