日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンといえばどんな食べ物?

日本ではあまり知られていませんが、伝統行事であるハロウィンには数々の伝統料理があります。その中には1000年以上も前から、ハロウィンとともに受け継がれてきた料理もあります。今回はそんなハロウィンの伝統料理についてまとめてみました!

コルカノン

アイルランド発祥の伝統料理で、現在のマッシュポテトに似たじゃがいも料理です。アイルランドではジャガイモが主食として食べられているほどなので、このコルカノンもジャガイモの本場ならではのおいしさです。

トフィールアップル / アップルサイダー

ハロウィンが収穫祭の名残であったことを伝えるりんご料理も家庭で作られてきました。トフィールアップルはリンゴ飴に似たお菓子です。

悪魔の卵

その名前とは裏腹に全く邪悪でない卵料理です。半分に切った片煮卵にパプリカやパセリ、マヨネーズなどを盛り付けたもので、見た目がかわいいのでパーティーで人気だそうです。

ゾンビカクテル

バケツの中の赤い液体に、真っ赤な手が浸かっているように見える、なんとも奇妙な料理です。といっても、この手はラズベリーとレッドカランとジュースでできており、赤い液体もラズベリーベースのドリンクとなっています。でもやっぱり見た目はかなりリアルです(笑)。

コウモリの羽のチリソース焼き

コウモリを捕まえて来て...ではなく、これは普通の鶏の手羽先を使った料理です。ただ、コウモリの羽と言われても違和感があまりないため、ハロウィン限定でそう読んでも良い料理です(笑)。

まとめ

以上、ハロウィンの伝統料理についてのまとめでした!これらの伝統料理は現在ネット上にたくさんのレシピが載っています。みなさんぜひチェックして、ハロウィンパーティーで一味違った料理でハロウィンを楽しんでくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます