日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンで何する?困ったあなたにおすすめしたい楽しむ方法

日本での歴史がまだ浅いハロウィンです。まだその楽しみ方が良くわからい、という人がいても可笑しくはありません。

ハロウィンとは

そもそもハロウィンの意味が判っていなくては、楽しみ方も的外れなものになって行ったりします。ハロウィンは紀元前何世紀にもさかのぼるケルト人の習慣から来ています。ケルト人の新年は11月1日で、その前日は死者の霊や魔女や悪霊がやってくると言われていたのです。そしてパンプキンが使われ始めたのは、アメリカの開拓時代からです。いまでもイギリスではルタバガという大きなカブの一種でランタンを作るところがあります。時代と共に、宗教色が薄らいで、飾りやお菓子集めの家族のイベントとなり、仮装のイベントになったのです。

外国での楽しみ方

宗教色が薄らいでからは、小さな子供を中心に家族揃って子供の楽しみを盛り上げるために家の中ばかりではなく、庭や玄関や門口にそれぞれ趣向をこらした創作の飾り付けをします。子供たちも仮装をして、トリック オア トリート に各家を訪ねますが、それを迎える側も仮装をしてお菓子をあげます。小さな子供たちは、毎年必ずといってよいほど、仮装のコスチュームを作ってもらったり買ってもらったりします。

日本での楽しみ方

日本での歴史も浅いことですし、日本独自の楽しみ方があってもいいでしょう。ハロウィンの時期には大小のイベントがたくさん催されるようになっています。小さな子供連れのイベントもありますが、子供抜きの仮装パーティもあります。

ハロウィンの楽しみ方、まとめ

日本でも幼稚園とかでハロウィンのイベントをするようになってきています。その子供たちが育っていって日本に根付いたハロウィンイベントも育っていくのではないか、という気がします。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます