日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大規模になりつつあるハロウィンの経済効果!一体何にお金を払っているの?

大きなイベントが増えると、それに伴った経済活動が生まれて消費も増えていきます。

日本以外でのハロウィンの経済効果

日本以外といっても、日本のハロウィンはアメリカから輸入されたものと考えられています。それですから、アメリカの例をとってみますと、たしかにハロウィンは大きな経済効果を持ったイベントです。まず第一に、小さな子供はほとんど全員が毎年、ハロウィンのコスチュームを必要とします。大人用のコスチュームも、子供ほどでないにしろよく売れます。季節になると店にはコスチュ-ムがあふれますが、人気のものは直ぐに売れて品切れになります。それと、子供のトリート用のお菓子も一大産業です。ハロウィン用は小さくて清潔なパッケージに入っています。各家の飾り付けにもお金をかけます。グリーティングカード、ハロウィンの晩の飲食産業などなど、膨大な経済効果をもっています。

日本の場合のハロウィンの経済効果

子供たちがトリック オア トリートに各家を廻っていないようです。きっと家族や近所の地域社会のイベントとしては受け入れられていないからなのでしょう。それですからハロウィン用お菓子というのが販売されていないようです。子供に配るのは、家庭の手作りではいけない事情があるのですが、その説明すら必要が無いくらいに、普及していません。そのかわり、イベント用のコスチュームや飾りのオーナメントの売上が伸びているようです。その経済効果は600億円前後と言われているようですが、まだまだクリスマスの十分の一です。

これからの日本の経済効果

日本でハロウィンに参加したことのある人は全体の20%くらいだと言われます。多分この20%の人たちは先取的な人達なのかもしれませんから、その数をもとにしてこれからどんどん増えて行く可能性があります。

ハロウィンの経済効果、まとめ

いろいろなイベントがたくさんあって、それぞれに消費を刺激する方策が一杯採られています。ハロウィンもその一つとして、日本独自のスタイルを形成していくのかもしれません。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます