日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィンの日に近所の子供が「トリックオアトリート」をしにきた。どんなお菓子をあげるべき?

最近ハロウィンに仮装した子供たちの行列を見たことはありませんか?「トリックオアトリート」の準備、今年はしておいた方がいいかもしれないですよ。

そもそもトリックオアトリートって?

トリックとはいたずら のこと、トリートはお菓子のことで、「トリック オア トリート」で「お菓子をくれないといたずらするぞ!」という意味になります。ハロウィンの夜に玄関先で子供たちの 「トリック オア トリート!」という声が聞こえたら、「ハッピーハロウィン!」といいながら、子供たちのバスケットや袋にお菓子を入れてあげましょう。

欧米ではキャンディが一般的

キャンディといってもアメだけではなく、チョコレートやグミなどもキャンディに含まれます。ハロウィン用にラッピングされた個包装のものが大袋に入ってスーパーなどでたくさん売られています。ほとんどのお宅ではこういったものを用意しているようです。

日本ならおせんべいやラムネ、駄菓子でも

基本的に甘いものが多いので、塩味のおせんべいやラムネ、駄菓子などを用意してあげると喜ばれるかもしれませんね。その場合も個包装のものを選んで、地味なパッケージならハロウィン用にかわいくラッピングしてあげるといいでしょう。

まとめ

ハロウィンにあげるお菓子は必ず「市販の個包装」のものにしましょう。これは欧米では常識で、見知らぬ子にあげる場合もあるので、安全なことを確認できるのが原則です。手作りのお菓子は知り合いのお子さんにあげるだけにしておきましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます