日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ボルダリングのあれこれ】ボルダリング後の筋肉痛への正しい対処法

ボルタリングは天候に左右されずいつでもできるのが魅力です。でもやったあと筋肉痛になってしまう、なんてことはありませんか?筋肉痛も正しいケアをすれば早く回復することができます。正しいケア方法をまとめてみました。

筋肉痛の原因

激しいスポーツにより、筋肉の繊維や結合組織などが炎症や損傷を起こす事があります。特に普段使わない筋肉を使ったり、同じ筋肉を何回も使う事で筋肉が損傷します。損傷を修復しようとして痛みがでるのが筋肉痛の一番の原因だと言われています。

運動後30分以内が大事

運動後30分以内に処置を始めると回復も早くなります。まずはアイシングを始めます。酷使した筋肉の炎症を抑えるのに一番効果的な方法です。腕、足、腰、肩などを15分から20分氷で冷やします。冷却スプレーを使うと短時間で簡単にできます。冷却スプレーを使うときは、同一箇所に2秒以上使わないように注意しましょう。

対処法:マッサージ

同じく酷使した箇所を軽くマッサージします。血液とリンパの流れがよくなるので、筋肉の疲労回復が早くなります。また家でお風呂に入った後、優しくマッサージをしても効果的です。筋肉を冷水で良く冷やしてからお湯の中でマッサージします。強すぎると逆効果なので、気持ち良いぐらいの強さでマッサージをします。

まとめ

慣れないうちは筋肉痛がひどいかもしれません。あまり無理をせずにすこしづつ体を慣らしていくのがポイントです。疲れたら一休みして、またがんばりましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます