日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これさえ抑えれば大丈夫!送別会の流れ

送別会はお世話になった人、大切な人とのお別れを意味します。とても悲しい事ですが、最後は笑顔で送り出したいと思いますよね。送別会は盛大に楽しい会にしたいはずです。そんな送別会は成功させる為にはしっかりと流れを抑えなければなりません。グダグダになってしまうとせっかくの送別会が意味をなさなくなってしまいます。
笑顔で送り出す為に送別会の流れについてまとめてみました。

まずはロケーションを決める!

ロケーションは大切な項目の一つです。送り出される人が希望する場所で好みの料理を選ぶ事が大切です。決して自分が行きたかった所になんて考えてはいけません。相手の希望を最大限に叶える事がとても大切なことなのです。

送別会の流れはこう!

まず初めは開会の挨拶となります。幹事が目的と趣旨をしっかりと公言して開会の挨拶とします。開会の挨拶の後は送る側の挨拶となります。挨拶は参加している人の中で最も役職が上の人にお願いするのが一般的となります。挨拶の後は乾杯となりますが、そのまま乾杯の挨拶をお願いしてもいいですし、直属の上司にお願いする場合もあります。ここまで終わると暫く各々送る人と今までの思い出話しだったり、別れの挨拶などの歓談の場とします。
歓談がある程度落ち着いたときを見計らって贈る言葉を一番親しい人にお願いします。そしてその流れでプレゼント贈呈を行ないます。その後は送られる側の挨拶をしてもらいます。
あとは閉会の挨拶になりますが、参加している人の中で二番目に役職が上の人にお願いするのが一般的となります。そしてそのまま手締めで送別会を締めてもらいます。

二次会はどうする?

最後に二次会についてですが、もし企画しているのであれば手締めの後に二次会参加を呼びかける流れになります。必ずしも二次会は企画する必要はありません。

まとめ

送別会はなにより送り出される人が気持ちよく送り出されるようにする事が大切です。そして今までの感謝の気持ちをしっかりと歓談の場で伝える事も大切となります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます