日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

行く前に必ずチェックしよう!ツーリングでトラブルが起きたときの対処法と連絡先まとめ

楽しいはずのツーリングでトラブルが起きたら、せっかくの旅が台無しになってしまうかもしれません。そうならないための用心です。

ツーリング トラブルの対処法

パンクとかの、自分で修理ができそうなトラブルに備えてパンク修理キットは必ず持っていきましょう。その修理の仕方も、日頃から習得しておくことも大切です。
大きなトラブルの場合には、なるべく近い修理店を探しますが、山の中などで動かなくなった場合には、バイクをそこに置かずに押して山を下りてから民家を探して相談してみましょう。日も暮れて人気のない場所だったら、バイクを置いた場所の目印をしっかりとメモします。電柱があれば、電柱番号をメモして後でわからなくなったときに電力会社に問い合わせられます。

ツーリングトラブルの連絡先

JAF、JBR、もしくは任意保険に付いてくるロードサービスや共済ロードサービスの、どれかには加入しておくと安心です。ロードサイドアシスタンスの電話番号はそれらの説明書にありますし、また携帯で近くの店を調べて電話すればサービスが受けられます。日頃から、それらのサービスセンターの代表電話番号を、携帯の連絡先に登録しておけば、慌てないですみます。

連絡

車の往来があるところはもちろん、人気が無い場所でも携帯電話さえ通じればなんとかなります。電波が弱いところならば、場所を移動して使えますが、携帯が駄目な場合はなるべく近くの民家をさがして事情を説明して電話を借ります。ツーリングのときに、携帯電話は必需品といえますから、バッテリ-容量のチェックも忘れないようにしましょう。

ツーリングでトラブルが起きたときの対処法と連絡先まとめ

トラブルは時間を選びませんから、ロードサイドアシスタンスでは24時間ツーリングサポートが受けられるのがほとんどです。バイクのトラブルのときは、とにかく押して歩くことだとも言われます。それには体力も必要ですし、ツーリングにはベストの体調で臨んで、事故なども事前に防ぐようにしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます